ビジネス

札幌三越の社員が新型コロナに感染 15日に2店舗を臨時休業

 三越伊勢丹ホールディングスは14日、子会社の札幌丸井三越が運営する札幌三越の従業員1人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。これを受けて、札幌三越および近くにある丸井今井札幌本店を15日に全館臨時休業する。

 当該従業員は札幌三越の社員で、7階の紳士服売り場で販売業務を担当していた。3月6日以降は勤務していなかった。勤務中もマスクを着用し、アルコール消毒などの感染拡大防止策を行なっていた。直近の海外渡航歴はないという。

 15日は臨時休業にして店内の消毒を行う。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら