ファッション

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズの2020年春夏 アイシーな色柄素材で、見た目から“ひんやり”を演出

 ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)の2020年春夏は、タイダイ染めをぼかしたようなプリントシャツや、アウターとしても使える薄手のワンピース、同素材や柄のセットアップ、淡いトーンのワークアイテムなどを打ち出す。

 特に19年の夏は、「シーズンレスで着られる透けるアイテムの提案が薄く、店舗からもリクエストがあった」と小沼悠子ファッションディレクター。それを踏まえて今季は、5月からの実需のタイミングを狙い、透け感がポイントのアイテムを強化する。さらにワークアイテムは、「ラングラー(WRANGLER)」とのコラボや、「フィーニー(PHEENY)」と「ディッキーズ(DICKIES)」とのトリプルコラボで、きれいめに着られるジャケット&パンツなどを並べる。

 カラーはホワイトをベースに、アイシーなグリーンやイエロー、ブルーなどを提案。“ミネラル感”をキーワードにしたクリーンな色味と、前述した透ける素材との相乗効果で、見た目から“ひんやり”と感じるアイテムやスタイリングにこだわった。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら