ファッション

デミルクス ビームス2020年春夏 パステルより透明感のあるカラーワンピース&ジャケットスタイル

 デミルクス ビームス(DEMI-LUXE BEAMS)の2020年春夏は、パステルより透明感のあるカラーや柔らかなシルエットのジャケットやスカート、ワンピースなどを多く打ち出す。

 春の立ち上がりは、ペールピンクやラベンダー、ライトブルーなどのニュアンスカラーを用いて、ジャケットスタイルとさまざまな柄や素材のスカートを提案。夏はグリーンやオレンジ、フレッシュピンク、差し色にブラウンを加えて、Aラインやキャミソールのワンピースを重点的に並べる。

 特にワンピースは、昨年の好調な売れ行きを受けてバリエーション豊富にラインアップする。ロンドンを拠点に韓国人夫婦デザイナーが手掛ける「エミン&ポール(EMIN & PAUL)」や、オーストラリアでアーティスト兼デザイナーとして活動する「リー マシューズ(LEE MATHEWS)」など、別注を含めて大人の女性が着られる柄や色味にこだわった。

 さらに“大人のためのロマンチックスタイル”をテーマに、映画「パリの恋人」からインスピレーションを受けたという今季は、スカーフを首に巻くスタイルを提案。王道のボーダートップスからジャケットまで、さまざまなアレンジで紹介している。

 雑貨は、華奢なストラップのフラットサンダルや、親指だけ分かれるトングサンダルを多く提案する。2018年にスタートしたオーストラリアの「エーエメリー(A.EMERY)」やスペインの「ラオコンテ(LAOCOONTE)」など、別注を含めてリラックス感がありつつ足元をキレイに見せてくれるサンダルをそろえた。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら