ファッション

デミルクス ビームス2020年春夏 パステルより透明感のあるカラーワンピース&ジャケットスタイル

 デミルクス ビームス(DEMI-LUXE BEAMS)の2020年春夏は、パステルより透明感のあるカラーや柔らかなシルエットのジャケットやスカート、ワンピースなどを多く打ち出す。

 春の立ち上がりは、ペールピンクやラベンダー、ライトブルーなどのニュアンスカラーを用いて、ジャケットスタイルとさまざまな柄や素材のスカートを提案。夏はグリーンやオレンジ、フレッシュピンク、差し色にブラウンを加えて、Aラインやキャミソールのワンピースを重点的に並べる。

 特にワンピースは、昨年の好調な売れ行きを受けてバリエーション豊富にラインアップする。ロンドンを拠点に韓国人夫婦デザイナーが手掛ける「エミン&ポール(EMIN & PAUL)」や、オーストラリアでアーティスト兼デザイナーとして活動する「リー マシューズ(LEE MATHEWS)」など、別注を含めて大人の女性が着られる柄や色味にこだわった。

 さらに“大人のためのロマンチックスタイル”をテーマに、映画「パリの恋人」からインスピレーションを受けたという今季は、スカーフを首に巻くスタイルを提案。王道のボーダートップスからジャケットまで、さまざまなアレンジで紹介している。

 雑貨は、華奢なストラップのフラットサンダルや、親指だけ分かれるトングサンダルを多く提案する。2018年にスタートしたオーストラリアの「エーエメリー(A.EMERY)」やスペインの「ラオコンテ(LAOCOONTE)」など、別注を含めてリラックス感がありつつ足元をキレイに見せてくれるサンダルをそろえた。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。