ニュース

イエナの2020年春夏 春アウターの早期打ち出しで、店頭の“鮮度”アップ

 ベイクルーズグループのイエナ(IENA)の2020年春夏は、“記憶に残らない色”をキーワードに、淡いピンクやブルー、ベージュなど、ペールトーンの春のアウターを豊富にラインアップした。さらにクリームカラーを“卵色”として打ち出し、透け感のあるワンピースやタートルネックのトップスなどに採用。イエナの客層の好みでもある、かわいらしくも品のあるカラーリングで全体をまとめたスタイルを打ち出す。

 また春のアウターは、セール前の買い控えの時期に合わせて12月末から予約販売を含めて強化する。明るい色味の“鮮度のあるアウター”を、冬から着られるウールやリネンなどのさまざまな素材で早めに打ち出すことで、本格的な春夏の立ち上がりの“買い”につなげる。

 アイテムは、“透け感”のあるブラウスや、夏に向けて洗える素材のウエア、8000円前後でベストセラーになっているというオリジナルのロゴTシャツをさらにバリエーションとともに提案。メゾン イエナでしか取り扱いのなかったオリジナルアイテム“メゾン イエナ コレクション(MAISON IENA COLLECTION)”は、顧客や店頭スタッフからの人気が高く、今季からイエナの店舗にも並べる。

 雑貨のイチ推しは、ストックホルムのレザーブランド「リトルリフナー(LITTLE LIFFNER)」や、スペイン・マヨルカ島のバッグブランド「ヘリュー(HEREU)」など。レザーやキャンバス素材の大ぶりなトートバッグを買い付けた。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母