ファッション

エストネーションの2020年春夏 カットソードレスで猛暑に向けた新提案

 エストネーション(ESTNATION)は2020年春夏で、シーズンの立ち上がりの1~2月は“グッドガール”をテーマに、ジャケットのバリエーションを強化する。それに合わせるボウタイブラウスやワンピースなども打ち出す。

 さらに夏に向けて3月は“フォークロア”をキーワードに、シャーリングブラウスや柄モノのオールインワンなどを提案。4月は“マラケシュのミステリアスな夜”をイメージして、シアー感のあるサマードレスや艶感のあるトップスなど、“土っぽさ”をエレガントに落とし込んだアイテムを並べる。長引く夏の施策として昨年も提案したサマードレスは、カットソーやメッシュなど、さらに涼しげに着られる素材やデザインをラインアップする。

 また藤井かんなウィメンズ・ディレクターが「急に気温が変わることが多く、通年でライトなアウターが必要になってきた」と言う今季は、薄手のアウターや羽織りにもなるブラウスなどが充実している。

 カラーは、春先はブラックやネイビーをベースに、ピンクやグリーンのパステルカラーを加えて提案。夏に向けてはオレンジやパープルなどの鮮やかなカラーと、ブラックやベージュなどの落ち着きのあるカラーでアイテムをそろえる。

 雑貨のイチ推しは、繊細な装飾が入ったカゴバッグやスクエアトウのサンダルやシューズなど。ポルトガルの伝統的な手法を用いてバッグを作る「ヘイマ
ット アトランティカ(HEIMAT ATLANTICA)」では、エストネーション限定の黒のカゴバッグなどを買い付けた。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら