ビジネス

最もトラフィックがあるファッションECは? 「ユニクロ」もランクインした世界トップ25を公開

 デジタルマーケティング・プラットフォームを運営するSEMラッシュ(SEMRUSH)が発表した、ファッション・アパレル業界で最もトラフィック(インターネット上の通信流量)が大きいECサイトランキングを世界上位25位まで公開する。同ランキングによれば、年間1位は「H&M」、2位は「エイソス(ASOS)」、3位は「ザラ(ZARA)」だった。日本からは「ユニクロ(UNIQLO)」が11位にランクインした。

 H&Mが2月14日に開催したキャピタル・マーケット・デーで発表したところによれば、同社のオンラインの売り上げは伸び続けており、今後5年間で20%増を見込んでいるという。2017年度のオンラインの売上高は290億スウェーデンクローナ(約3770億円)だったが、22年までには750億スウェーデンクローナ(約9750億円)に到達するとみている。
 
 SEMラッシュのアナリストによれば、ランキング上位50位までのファッションECサイトの合計トラフィックが前年比11.7%増で、全トラフィックのうち55.5%はダイレクト(主に直接の流入)によるもので、そのほかはソーシャル(SNSからの流入)とリファラ(別サイトからの流入)だった。

 この合計トラフィックの国別構成比は、アメリカが60.4%、インド、トルコ、スペインが各6.3%、ロシアとイタリアが各4.2%、ドイツ、ブラジル、日本、フランス、ポーランドが各2.1%だった。

 なお、ロシアからは「ワイルドベリーズ(WILDBERRIES)」「ラモダ(LAMODA)」が、インドからは「ミントラ(myntr)」「ジャボン(jabong)」、トルコからは「トレンディオル(trendyol)」、中国からは「ローズガール(Rosegal)」と「ガミス(GAMISS)」がランクインした。

ファッション・アパレル業界ECサイト世界トラフィックランキングトップ25

1. 「H&M」
2. 「エイソス(ASOS)」
3. 「ザラ(ZARA)」
4. 「ワイルドベリーズ(WILDBERRIES)」
5. 「メイシーズ(Macy’s)」
6. 「ミントラ(myntra)」
7. 「ノードストロム(NORDSTROM)」
8. 「ジャボン(jabong)」
9. 「アディダス(ADIDAS)」
10. 「アーバンアウトフィッターズ(URBAN OUTFITTERS)」
11. 「ユニクロ(UNIQLO)」
12. 「ファーフェッチ(Farfetch)」
13. 「ギャップ(GAP)」
14. 「フォーエバー21(Forever21)」
15. 「トレンディオル(trendyol)」
16. 「ローズガール(Rosegal)」
17. 「ガミス(GAMISS)」
18. 「ラモダ(LAMODA)」
19. 「ザッポス(Zappos)」
20. 「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)」
21. 「J.C.ペニー(J.C. PENNEY)」
22. 「マンゴ(MANGO)」
23. 「ティースプリング(Teespring)」
24. 「グッチ(GUCCI)」
25. 「アメリカンイーグル(AMERICAN EAGLE)」

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら