ビジネス

最もトラフィックがあるファッションECは? 「ユニクロ」もランクインした世界トップ25を公開

 デジタルマーケティング・プラットフォームを運営するSEMラッシュ(SEMRUSH)が発表した、ファッション・アパレル業界で最もトラフィック(インターネット上の通信流量)が大きいECサイトランキングを世界上位25位まで公開する。同ランキングによれば、年間1位は「H&M」、2位は「エイソス(ASOS)」、3位は「ザラ(ZARA)」だった。日本からは「ユニクロ(UNIQLO)」が11位にランクインした。

 H&Mが2月14日に開催したキャピタル・マーケット・デーで発表したところによれば、同社のオンラインの売り上げは伸び続けており、今後5年間で20%増を見込んでいるという。2017年度のオンラインの売上高は290億スウェーデンクローナ(約3770億円)だったが、22年までには750億スウェーデンクローナ(約9750億円)に到達するとみている。
 
 SEMラッシュのアナリストによれば、ランキング上位50位までのファッションECサイトの合計トラフィックが前年比11.7%増で、全トラフィックのうち55.5%はダイレクト(主に直接の流入)によるもので、そのほかはソーシャル(SNSからの流入)とリファラ(別サイトからの流入)だった。

 この合計トラフィックの国別構成比は、アメリカが60.4%、インド、トルコ、スペインが各6.3%、ロシアとイタリアが各4.2%、ドイツ、ブラジル、日本、フランス、ポーランドが各2.1%だった。

 なお、ロシアからは「ワイルドベリーズ(WILDBERRIES)」「ラモダ(LAMODA)」が、インドからは「ミントラ(myntr)」「ジャボン(jabong)」、トルコからは「トレンディオル(trendyol)」、中国からは「ローズガール(Rosegal)」と「ガミス(GAMISS)」がランクインした。

ファッション・アパレル業界ECサイト世界トラフィックランキングトップ25

1. 「H&M」
2. 「エイソス(ASOS)」
3. 「ザラ(ZARA)」
4. 「ワイルドベリーズ(WILDBERRIES)」
5. 「メイシーズ(Macy’s)」
6. 「ミントラ(myntra)」
7. 「ノードストロム(NORDSTROM)」
8. 「ジャボン(jabong)」
9. 「アディダス(ADIDAS)」
10. 「アーバンアウトフィッターズ(URBAN OUTFITTERS)」
11. 「ユニクロ(UNIQLO)」
12. 「ファーフェッチ(Farfetch)」
13. 「ギャップ(GAP)」
14. 「フォーエバー21(Forever21)」
15. 「トレンディオル(trendyol)」
16. 「ローズガール(Rosegal)」
17. 「ガミス(GAMISS)」
18. 「ラモダ(LAMODA)」
19. 「ザッポス(Zappos)」
20. 「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)」
21. 「J.C.ペニー(J.C. PENNEY)」
22. 「マンゴ(MANGO)」
23. 「ティースプリング(Teespring)」
24. 「グッチ(GUCCI)」
25. 「アメリカンイーグル(AMERICAN EAGLE)」

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら