ビジネス

「ザラ」が日本初、ショールーミングに特化したポップアップストアを六本木にオープン

 インディテックス(INDITEX)傘下の「ザラ(ZARA)」は5月9日、「ザラ」六本木店が2018年8月に移転リニューアルするまでの期間限定で、オンラインショッピングにフォーカスしたポップアップストアを六本木にオープンする。2階建て、800平方メートルの店内にはウィメンズとメンズ、キッズ&ベビーのコレクションをそろえる。2〜7日にはプレオープンとして、予約限定での来店を受け付ける。

 ポップアップは「ザラ」が今年拡大するショールーム型の”オムニ店舗”になる。顧客は2階にある全16室のフィッティングルームで試着をし、オンライン上で商品を購入する仕組みだ。13時までに注文をすれば、同日18時以降に同店で商品を受け取れる。13時以降に購入した場合は、翌日の午後以降に受け取りが可能だ。

 買い物には専用アプリをダウンロードした自身のスマートフォンやタブレットが必要となる。スタッフが持ち歩くデバイスを借りることもでき、会計自体は店頭でも行うことができる。試着したいアイテムは洋服にあるタグを専用アプリを通じて読み込むだけで用意される他、フィッティングルームへの案内もアプリを通じて待ち時間がわかり、準備が整い次第通知する仕組みを導入する。

 「ザラ」は4月12日から2週間、六本木店や渋谷店など国内16店舗でAR(拡張現実)体験サービスを実施したばかり。

■ZARA POP-UP SHOP ONLINE
日程:5月9日〜7月末(予定)
場所:六本木ヒルズノースタワー 1、2階
住所:東京都港区六本木6-2-31

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら