ビジネス

H&Mが外部ブランドも取り扱うオフ・プライス業態のECモールを開始

 H&Mはグループ傘下のブランドと、外部のブランドを共に扱う、メンズ、ウィメンズ向けのオフ・プライスのマーケットプレイス「ア・ファンド(AFOUND)」を今年スタートする。オムニチャネル型で、ECモールと実店舗を展開する。デジタルストアは本拠地スウェーデンでスタートし、同時にリアル店舗1号店はストックホルムで一番の目抜き通り、ドロットニングガータンにオープンする予定だ。

 H&Mはこの業態を、“スタイル&ハンティング天国”と呼んでおり、オフプライスの魅力的な価格の商品を厳選して扱うという。「ア・ファンド」向けのスペシャル商品も投入する予定だ。「私たちは『ア・ファンド』に大きなポテンシャルを感じている。商品そのもののバリューと、商品をミックスして提案することの価値に重きを置いている。パーソナルなスタイルのインスピレーションや、クオリティレベルを保つことで、良い買い物ができたというオフ・プライスでの新しい購買体験を提供することができると思う」とフレドリック・スヴァルトリング(Fredrik Svartling)マネジング・ディレクターはコメントしている。

 H&Mグループ傘下のブランドには現在、「H&M」「コス(COS)」「モンキ(MONKI)」「ウィークデイ(WEEKDAY)」「チープマンデー(CHEAP MONDAY)」「アンドアザーストーリーズ(& OTHER STORYS)」「アーケット(ARKET)」がある。なお、「H&M」にはビューティラインとホームファッションラインなども展開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら