ファッション

「アーデム × H&M」プレショッピングパーティでYoung Juvenile Youthがパフォーマンス

 「H&M」は11月2日に発売する「アーデム × H&M(ERDEM x H&M)」のプレショッピングパーティーを10月30日、東京・上野公園にある東京国立博物館で開催した。重要文化財である黒門をくぐり抜けると、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の新館やギンザシックス(GINZA SIX)の建築でも知られる谷口吉生がデザインした法隆寺宝物館が登場。「アーデム × H&M」の優美なグラフィックの映像が館の前の水盤に映り込み、幽玄な雰囲気を醸し出した。

 アプローチの通路や会場内には、ロサンゼルスでのエクスクルーシブイベントと同様に草花を豊富に装飾。「アーデム × H&M」のロゴ入りのマカロンや、英国発の「アーデム」にあやかったスコーン、ピンクローズ色のカクテルなどでゲストをもてなした。会場奥にはショッピングコーナーを設け、過去最高レベルでサンプルチェックや修正などを繰り返しながら繊細に作り上げられたコレクションを販売。これまで以上にゆっくりと商品を見ることができる環境を整え、商品や空間を含めて、「アーデム」のラグジュアリーでロマンチックなムードを盛り上げた。

 さらに、故・松田優作と松田美由紀の娘、龍平・翔太兄弟の妹で、Young Juvenile YouthのボーカルのYukiがライブやDJを披露し、会場を盛り上げた。他にも、クリスタル・ケイ(Crystal Kay)やAMIAYAら多くのゲストがパーティーを楽しんでいた。

 当日の人気アイテムは、パジャマシャツ&パンツ、レース&フリル付きのブラウス、ロゴスエット、花柄スエットなどで、ジェンダーレスな買い方がされており、11月2日の発売日には、メンズ、ウィメンズを共にチェックすることが賢い買い方につながりそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。