ファッション

ユニクロが公式オンラインストアで生花の扱いをスタート 価格は1490円(送料込み)

 ユニクロは、公式オンラインストアで“ユニクロフラワー(UNIQLO FLOWER)”の販売を開始した。価格は990円(税込、別途送料500円)で、配送地域は東京(離島を除く)、神奈川、埼玉、千葉の1都3県。ユニクロは「今後、順次拡大する予定だ」と話す。送料が1点につき500円かかることについては、「花を新鮮な状態で届けるために、1点ずつ専用の箱に入れる。そのため、通常商品(服など)とも別発送となる」と説明する。

 バラやカーネーションといった定番に加えて月替わりで旬の花もピックアップし、10月はガーベラをフィーチャーする。またブーケにしてラッピングし、リボンを付けた“ギフト”(プラス100円)も用意する。

 ユニクロは“ユニクロフラワー”について、「服と花には共通点がある。暮らしに彩りを与え、豊かにしてくれる。そして、季節を感じられる。服を選ぶように、花を選んでほしい。そんな思いから2020年にスタートした。現在、全国16店舗でサービスを運用する。店頭での好評を受け、より多くのお客さまに届けられるよう、公式オンラインストアでの扱いを決めた」と述べる。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。