ファッション

タフでセクシー! 今季はコルセットやビスチエが注目アイテム【徹底解説・2022-23年秋冬コレクションリポート】

有料会員限定記事

 2022-23年秋冬シーズンは、22年春夏に台頭した“女性性の解放”から一歩進み、“新たな女性性を探求”する流れが目立った。そのキーアイテムとして多くのブランドが取り入れたのが、現代的に再解釈したコルセットやビスチエだ。

 「バルマン(BALMAIN)」を率いるオリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)=クリエイティブ・ディレクターは、胸元や肩にパディングを施したトップスを披露。防具とコルセットが一体になったかのような、タフでいてシックな作品は、モトクロス競技のギアに着想を得たという。また、金色のメタルプレートにふわふわとした素材を組み合わせたアイテムは、SF映画のような未来的な雰囲気を感じさせる。

 「ディオール(DIOR)」のマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターは、アメリカンフットボールの防具を想起させる肩パッドや甲冑のようなビスチエ、コートやワンピースの上からウエストラインをマークするコルセットなどを発表。これらのパーツには、体の湿度を管理し、必要な際に温めるシステムが搭載されているという。長い歴史を誇るメゾンならではのクラシカルな美しさに、革新的な技術を融合して機能性や防護機能を加えた。

この続きを読むには…
残り183⽂字, 画像24枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。