ファッション

シェールがランウエイに登場! 「バルマン」2023年春夏コレクション、カイリー・ジェンナーらも来場

 「バルマン(BALMAIN)」は28日、2023年春夏コレクションのショーを開催した。ラストにはオリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)=クリエイティブ・ディレクターとともにシェール(Cher)が登場し、会場を大いに盛り上げた。

 シェールは、1998年に発表された自身のヒット曲「Strong Enough」が流れる中、シルバーの構築的なボディースーツとブラックのレギンス、チャンキーなブーツという未来的なルックでランウエイを歩いた。ルスタン=クリエイティブ・ディレクターは、「シェールは“スタイルアイコン”という言葉では表現しきれない存在だ。ファッションのトレンドを50年以上にわたってけん引しているだけでなく、パイオニアとして大胆に道を切り開き、アクティビストとしても活躍している。先駆者、開拓者という言葉がふさわしい」と称賛した。

 ショーの会場やバックステージには、ブルックリン・ベッカム(Brooklyn Beckham)とニコラ・ペルツ(Nicola Peltz)夫妻のほか、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)やブラジルのサッカー選手ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Junior)らの姿も見られた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。