ビジネス

「無印良品」、ウクライナ避難民に生活必需品や就労機会を提供

 「無印良品」を運営する良品計画は、日本国内で日本政府の認定を受けたウクライナ避難民を支援する。具体的には生活必需品の提供のほか、店舗や関連施設での就労機会の提供、社員用宿舎の一時提供を行っていく。

 具体的な計画は、政府や関係各所と協議していく。また、ウクライナから隣国ポーランドに避難している子どもたちを対象に、心のケアを目的としたアートセラピーのワークショップ用画材(色鉛筆やらくがき帳など)100セットを寄付した。アートセラピーのワークショップは「子供地球基金」が行っているもの。

 良品計画では3月15日から、国内外に逃れているウクライナ避難民の人道支援のために公式EC上で募金も募っている。集まった金額と同額を同社が負担し、併せて「ジャパン・プラットフォーム」の「ウクライナ人道危機2022」に寄付する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら