ビジネス

「無印良品」、ウクライナ避難民に生活必需品や就労機会を提供

 「無印良品」を運営する良品計画は、日本国内で日本政府の認定を受けたウクライナ避難民を支援する。具体的には生活必需品の提供のほか、店舗や関連施設での就労機会の提供、社員用宿舎の一時提供を行っていく。

 具体的な計画は、政府や関係各所と協議していく。また、ウクライナから隣国ポーランドに避難している子どもたちを対象に、心のケアを目的としたアートセラピーのワークショップ用画材(色鉛筆やらくがき帳など)100セットを寄付した。アートセラピーのワークショップは「子供地球基金」が行っているもの。

 良品計画では3月15日から、国内外に逃れているウクライナ避難民の人道支援のために公式EC上で募金も募っている。集まった金額と同額を同社が負担し、併せて「ジャパン・プラットフォーム」の「ウクライナ人道危機2022」に寄付する。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。