ファッション

ファストリ、ウクライナ難民に11億5000万円寄付

 ファーストリテイリングは、国連難民高等弁務官事務所(以下、UNHCR)からの要請を受け、ウクライナや周辺地域で緊急人道支援にあたるUNHCRに対し、1000万米ドル(約11億5000万円)を寄付する。併せて、“ヒートテック”の毛布や肌着、マスクなど衣料・雑貨10万点と、国内の「ユニクロ(UNIQLO)」店舗で回収したリサイクル衣料のうち防寒着など10万点を、ポーランドなどに避難した難民に提供する。

 一部発表によれば、ウクライナ国内避難民は700万人、国外退避した難民は400万人に上るという。UNHCRへの寄付金は、避難所の設置や救援物資の配布、子どもたちの心のケアなど、人々の命と安全を守るための緊急性の高い支援に充てられる。ファーストリテイリングは06年からUNHCRと連携、11年にはグローバルパートナーシップも締結している。UNHCRとの協働で難民などに提供してきた回収衣料は、21年8月末までに79カ国・地域の難民、避難民に対し4619万点以上。

 なおファーストリテイリングは、22年2月末時点で「ユニクロ」をロシアに50店出店しており、3月3日時点で全店を通常営業している。外資ブランドなどがロシア内での販売を休止する中で「今後については状況を見て判断する」(広報担当者)。ウクライナには店舗や取引先工場はないという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。