ファッション

ZOZO、ウクライナの寄付Tシャツ、3日間で総額1億7000万円に

 「ゾゾタウン」を運営するZOZOは4日、ウクライナへの人道支援チャリティーTシャツの販売が、開始から3日間で8万枚を超え、寄付総額が1億7000万円を突破した。売り上げの全額をNPO法人のアドラ・ジャパン(ADRA JAPAN)を寄付する。

 チャリティーTシャツは2月28日からゾゾタウン上の特設サイトで予約販売という形で実施。プリントには、大人サイズではウクライナの国旗カラーの黄色いひまわりと青いガーベラをあしらったワンポイント、キッズでは2つの花をピースマークに並べている。いずれのアイテムも2020円。販売は3月14日まで。発送は4月上旬から6月にかけて行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら