ファッション
特集 ビジネスリポート 2023年下半期

「メイドバイゾゾ」活用アイテムがヒットの「ゾゾタウン」 ブラックフライデーにも手応え(2023年下半期)

有料会員限定記事

国内最大級のファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」は大手セレクトからD2Cブランドまで幅広く扱い、ここで売れるアイテムは 今のZ世代の購買傾向を反映している。ZOZOの23年4〜12月期の商品取扱高(その他商品取扱高を除く)は、前年同期比7.4%増と好調。北沢優衣ブランド営業本部 ブランド営業二部 ブランド営業Aブロック長と岩﨑夢奈EC推進本部 販売促進部 販売促進Aブロック長に商況を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月26日号会員限定特別付録「ビジネスリポート 2023年下半期」からの抜粋です)

WWD:2023年下半期の商況は?

北沢:猛暑と気温の変化によってニーズが大きく変動した下半期だった。気温が高い時はTシャツやカットソーが、低い時はニットやスエットがヒット。気温が下がらない中でも、ヤフー店と連動した「本気のZOZO祭」は今回も単日売上高が非常に良く、11月に開催したブラックフライデーセールも好調。なかなか寒くならなかったが「何か洋服が欲しい」という顧客ニーズが表れており、買い控えは感じなかった。

WWD:好調だったカテゴリーは?

北沢:猛暑特需として11月まで晴雨兼用の折り畳み傘が動いた。ほかにもサングラスなどのファッション雑貨が伸長。折り畳み傘は男性需要も高まり、男性による検索キーワード上位にも入っていたのが興味深かった。シーズン雑貨を常時幅広くそろえる「ゾゾタウン」の強みを発揮できた。気温が下がった後はアウターも堅調だった。

WWD:ファッションでよく売れたショップは?

この続きを読むには…
残り1102⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。