ファッション

ZOZOコスメ好調、今期130億円 プチプラ強化 25年3月期

ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOの2024年3月期通期決算は、商品取扱高(=GMV、その他商品取扱高を除く)が前年同期比7.1%増の5369億円、売上高が同7.4%増の1970億円、営業利益が同6.5%増の600億円、経常利益が同5.4%増の597億円、純利益が同12.2%増の443億円だった。同社は配当性向70%を目安としており、昨年10月31日に発表した年間配当金98円を104円に引き上げた。

親会社のLINEヤフーが運営する「ヤフーショッピング」内の「ゾゾタウン支店」が好調で、同事業のGMVは15.7%増の576億円と大幅に伸び、暖冬で24年1〜3月に春物販売が伸び悩んだ主力の「ゾゾタウン」をカバーした。「ゾゾタウン」内の広告事業、いわゆるリテールメディア事業も好調で、売上高は25.3%増とこちらも大幅に伸びた。

営業利益率は、ほぼ横ばいの同0.1ポイント悪化の11.2%(GMV対比)。物流拠点の「つくば3」の稼働などのコスト増を、人件費の抑制や出荷単価増、ヤフーショッピングの大幅増でカバーした。

ただ、暖冬の影響は小さくない。ずっと伸び続けてきた年間購入者数は、0.1%減とわずかながら数年ぶりに減少に転じた。栁澤孝旨・副社長CFOは「暖冬の影響でアクティブ会員の増加が想定を下回り、新規会員の獲得が低調に推移した」という。商品単価も第4四半期(1〜3月)は、テナント側の商品価格の上昇が続く中で、前年同期比で0.4%増の4003円にとどまった。

一方で出荷単価は、積極的な送料無料施策が奏功し、1注文あたりの合わせ買い点数の増加で同5.2%増の8735円。暖冬を巧みな施策の実施で最小限にくい止めた。

25年3月期の見通しは、GMV(その他商品取扱高を除く)が5722億円、売上高が2144億円、営業利益と経常利益が642億円、純利益が452億円、配当金は107円。主力の「ゾゾタウン」事業が前期比6.5%増の4951億円と増加を見込むほか、「ヤフーショッピング」を中心とするLINEヤフーコマース事業が同10.2%増の636億円と引き続き急成長させる。また、24年3月期でGMV113億円と大台に乗せたコスメ事業を、今期も130億円と伸ばす。「デパコス系の出店は順調に進んでおり、今期はプチプラコスメを強化する」(廣瀬文慎・取締役兼COO)。クーポンなどの積極的なプロモーション施策で、これまで中心だったファッションとの買い周りだけでなく、「コスメをめがけて毎日ゾゾタウンに来る、『コスメを買うのもZOZO』を定着させたい」(廣瀬COO)と意気込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。