ファッション
特集 韓国ファッション&ビューティ2024 第6回 / 全6回

「ムシンサ」「ヒンス」「エーランド」 それぞれの日本市場攻略法を聞く

有料会員限定記事

「ムシンサ」「ヒンス」「エーランド」に聞く日本市場攻略法

韓国から日本のファッション&ビューティ市場へ進出にする際には、信頼できるビジネスパートナー探しやマーケティング、MDのローカライズなどさまざまな課題や障壁が存在するのも事実だ。ここでは日本戦略を進めてきた韓国のセレクトショップやブランド、ECプラットフォーマーの取材を通じ、攻略法を探る。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月29日&5月6日合併号から抜粋・加筆しています)

EC:
「ムシンサ」

日本市場でも急成長
「日韓ファッションのかけ橋」へ

韓国ファッションEC市場におけるナンバーワンプラットフォーマーが「ムシンサ(MUSINSA)」だ。グローバルではアジア、米国など13の国と地域で展開しており、中でも最重要マーケットと位置づける日本では2021年に法人設立、22年秋には日本版ECをローンチした。「ムシンサ」のグローバルマーケティングを統括するキム・ユンジョン グローバルマーケティング室長に日本市場での展望を聞いた。

ムシンサは韓国において、同国人口の5分の1に相当する約1400万人の会員を抱える。23年度の年間流通取引総額(GMV)は4兆ウォン(日本円で約4400億円)以上、売上高は約1兆ウォン(約1100億円)以上。日本の「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」(23年3月期のGMV5443億円、売上高1834億円)と比較すれば規模はやや小さいものの、日韓の市場の大きさの差を考えればかなり支配的だ。若者からの支持は圧倒的で、同社の調べでは、「ムシンサユーザーの半数以上がMZ世代」(キム室長)という。取り扱いブランド8000以上というな品ぞろえを生かし、着こなしの特集記事、公式インフルエンサー集団「ムシンサクルー」によるコンテンツで横串を刺す。

この続きを読むには…
残り3935⽂字, 画像14枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。