ファッション
特集 韓国ファッション&ビューティ2024 第5回 / 全6回

韓国で服や雑貨を買うなら? 日本の若者が「絶対行きたい」ソウル4店の魅力

有料会員限定記事

ソウルの高感度ショップ4店が「訪問マスト」な理由

韓国にはアフターコロナ以降、日本の若者たちの間でデスティネーションストアとなっている定番ショップが存在する。オンラインで気軽に韓国ブランドが手に入るようになった今、若者たちはなぜわざわざ店舗に足を運ぶのか。ソウル中心部にある人気4店の取材から、吸引力のある空間の作り方、リアル店舗の価値を探った。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月29日&5月6日合併号からの抜粋です)

「スタンドオイル」

「物販しない」コンセプト空間が想像力を刺激

韓国ファッションラバーな日本人の“イット・バッグ”の1つが、2018年にスタートした「スタンドオイル(STAND OIL)」だ。ブランドはベンチャーアパレルのKozha(キム・ジョンヒョン代表)が運営。昨年8月、「ムシンサ(MUSINSA)」の支援で日本公式ECを開設すると、値ごろな価格とモダンなデザインで瞬く間に認知度を拡大。今年に入って以降、聖水洞(ソンスドン)のフラッグシップストアは、日本人の観光客が6倍に増えた。

この続きを読むには…
残り3367⽂字, 画像16枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。