ファッション
特集 韓国ファッション&ビューティ2024 第4回 / 全6回

韓国の気鋭デザイナー「ADSBアンダーソンベル」「キムへキム」の現在地

有料会員限定記事

韓国の気鋭デザイナー「ADSBアンダーソンベル」「キムへキム」の現在地

ADSB アンダーソンベル(ADSB ANDERSSON BELL)」「キムヘキム(KIMHEKIM)」は近年、海外のファッションシーンでも存在感を高めている韓国人デザイナーズブランドだ。それぞれ独自の美意識とアイデンティティーを発揮し、唯一無二のポジションを築いている。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月29日&5月6日合併号からの抜粋です)

「ADSB アンダーソンベル」

化学反応でブランドを拡張する
「360°エクスペリエンス」

キム・ドフンがクリエイティブ・ディレクターを務める「ADSB アンダーソンベル(以下、アンダーソンベル)」は、2014年の設立以来着実に成長し、23年春夏にミラノ・メンズ・ファッション・ウイークにデビューした。24年現在、仏プランタンや英ブラウンズ、伊ディエチ コルソコモを筆頭に、欧米の有力百貨店やセレクトショップなど卸先は130アカウント超。欧米での売上高は100億ウォン(日本円で約11億円)を超え、グローバルでも一定の存在感を示す。

この続きを読むには…
残り1391⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。