ファッション

「ウォッチズ&ワンダーズ」リポート 超高額からエントリーまで輝き放つ最新時計をご紹介!

有料会員限定記事

「ウォッチズ&ワンダーズ」リポート 超高額からエントリーまで輝き放つ最新時計をご紹介!

スイス・ジュネーブで4月9〜15日、世界から54の時計ブランドが出展した世界最大・唯一無二の国際時計見本市「ウオッチズ・アンド・ワンダーズ ジュネーブ 2024」が開催された。高級時計市場をリードするフェアにおける4つのトレンドと注目の新作をお届けする。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月29日&5月6日合併号からの抜粋です)

1. 複雑機構と貴金属によるハイエンド

時計市場で絶好調なのは、複雑時計やゴールド&ハイジュエリー素材で高価格帯の宝飾時計。今年も各ブランドは愛好家以外にもアピールできるハイコンプリケーションモデルを発表。素晴らしい7本を紹介する。

シャネル(CHANEL)

「J12 クチュール ワークショップ オートマタ キャリバー 6」

「J12 クチュール ワークショップ オートマタ キャリバー 6」

手巻き(Cal.6)。54石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約72時間。高耐性ブラックセラミック×SSケース(直径38mm)。50m防水。世界限定100本。3707万円(参考価格)

時計のコンプリケーションの中でも「オートマタ」は、いちばん“遊び心を語れる”機械仕掛けのアニメーション機構。そして「シャネル」はブランド初のオートマタ機構搭載モデルで「クチュール(仕立て)」をテーマに、しかもココ・シャネル(Coco Chanel)その人が洋裁バサミを使うという動きを選んだ。これほどオシャレでユーモラス、楽しいオートマタは他にない!

ユリス・ナルダン(ULYSSE NARDIN)

「フリーク S ノマド」

「フリーク S ノマド」

自動巻き(Cal.UN-251)。33石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約72時間。Ti×カーボンファイバーケース(直径45mm、厚さ16.65mm)。30m防水。世界限定99本。2190万1000円(価格は4月29日時点)

2001年に誕生した初代モデルで機構から素材まで機械式時計の常識を破った「フリーク」。その新作は初代同様、ムーブメント自体が文字盤を回転しながら針の役割を果たす。昨年の「フリークONE」からの進化は、ムーブメントにふたつのテンプのビートを平均化する機構を搭載したこと。その姿はまるでドローンのようだ。

この続きを読むには…
残り7880⽂字, 画像26枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。