ファッション
特集 韓国ファッション&ビューティ2024 第3回 / 全6回

韓国リアルクローズ最強トリオ“3マ” 「マルディメクルディ」「マーティンキム」「マリテ+フランソワ・ジルボー」

無料で読める

“3マ”が若者に大人気の理由 「マルディメクルディ」「マーティンキム」「マリテ+フランソワ・ジルボー」

マルディメクルディ(MARDI MERCREDI)」「マーティン キム(MATIN KIM)」「マリテ+フランソワ・ジルボー(MARITHE + FRANCOIS GIRBAUD)」。それぞれのブランドの頭文字をとって“3マ”と呼ばれるこれらのブランドが今、韓国のリアルトレンドを席巻。日本や中国、東アジア市場へと影響力を拡大している。世界のMZ世代(20〜30代)を虜にする“3マ”の魅力とは?各ブランドのマーケティングリーダーにブランディング戦略の成功の秘訣を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月29日&5月6日合併号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

ペルソナを設定しないマーケティングが強み

18年にパク・ファモク(Park Hwa Mok)とイ・スヒョンのデザイナーカップルが立ち上げた「マルディメクルディ」は、23年秋冬の卸売売上高が125億ウォン(約14億円)となり、前年比500%以上伸びた。同ブランドのシグネチャーである花柄はあらゆる世代に愛され、中国では上海と杭州に6店舗を構える。フランスのムードをベースに、トレンディーでイージーなデイリーウエアを提案する。メーンターゲットは20代後半から30代の女性だが、実売では40代の支持も強い。

グローバル・ビジネスチームのジョン・ミングク氏はMZ世代に支持を得る要因として、「効率的にコーディネートを組めること、特定のスタイルにとらわれないこと、マーケティング戦略を特定の国に限定しないこと」を挙げる。ジェンダーレス、エイジレスな感覚が浸透する韓国では、かえって年齢や嗜好でターゲティングしないブランディングが若者に“刺さる”ようだ。

この続きを読むには…
残り1383⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。