ファッション

若者から熱烈支持の韓国ブランド「マーティンキム」 派生ブランドで大人女性に照準

有料会員限定記事

韓国のリアルクローズ市場で現在、最も勢いのあるブランドの一つである「マーティンキム(MATIN KIM)」。日本で3度目となるポップアップストアを4月24日まで、名古屋のラシック1階で開催している。韓国で2月に先行ローンチしたハイエンドの派生ブランド「キムマーティン(KIMMATIN)」”を日本でお披露目した。

「マーティン キム」は20代の若者を中心に支持を集め、2022年度の売上高が約500億ウォン(日本円で約55億円)、23年度は約1000億ウォン(同約110億円)と急速に売り上げを伸ばしている。韓国に路面2店を構え、新世界百貨店や現代百貨店、ロッテ百貨店と取り引きし、韓国最大のファッションECプラットフォーム「ムシンサ(MUSINSA)」でも販売する。

阪急うめだ本店は「7日間で3600万円」
韓国旗艦店の日本人客も増加傾向

昨年10月には渋谷パルコでのポップアップストアを実施し、日本に初上陸。会場外に100人以上の並び列ができるなど反響は大きく、同タイミングで日本公式ECを開設した。日本をグローバル展開の足掛かりとした背景には、韓国アーティストの着用などにより一定の認知が得ていたことが大きい。進出に際しては、韓国ブランドの輸入販売会社であるMXNジャパンと組んだ。

この続きを読むには…
残り651⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。