ファッション

セイコーウオッチの内藤昭男社長インタビュー 「グランドセイコー」は、1万ドル以内の時計への要望にいかに応えるか 

有料会員限定記事

PROFILE: 内藤昭男/セイコーウオッチ社長

内藤昭男/セイコーウオッチ社長
PROFILE: (ないとう・あきお)1960年11月9日生まれ、茨城県出身。84年に上智大学を卒業し、同年、服部セイコー(現セイコーグループ)に入社。セイコーオーストラリア社長、セイコーHD法務部長、常務取締役、セイコーアメリカ社長などを経て、2019年12月にセイコーウオッチの副社長に就任。21年4月から現職

「グランドセイコー」は4月27日、表参道ヒルズに新店舗「グランドセイコーブティック 表参道ヒルズ」 をオープン。同店はブランドに親和性のあるアーティストの作品を展示するなど、若年層の顧客獲得を目指す場でもある。また22年から参加している「ウオッチズ&ワンダーズ ジュネーブ」では、高級時計の本場ヨーロッパ市場の開拓を図る。挑戦を続けるセイコーウオッチの内藤昭男社長に話を聞いた。

WWDJAPAN(以下、WWD):ウオッチズ&ワンダーズ(以下、W&W)に参加して3回目。出展の成果は?

内藤昭男セイコーウオッチ社長(以下、内藤社長):ヨーロッパブランド以外で初めての出展は、高級時計ブランドとして認知していただくため。「グランドセイコー」を独立ブランド化した2017年から、知名度や売り上げは北米市場を中心に海外でも伸びていたが、最近は流通から小売り、メディアを含めて、欧州での知名度を感じている。

WWD:目下、欧州での知名度と売り上げのアップを目指している。

内藤社長:欧州は国が細かく分かれており、アメリカに比べれば保守的。新しいモノを許容していただくには、アメリカ以上の努力が必要だろう。欧州では20年、グランドセイコーヨーロッパの本社をパリに構えて、ヴァンドーム広場にブティックをオープン。ここを欧州戦略の出発点として、言語も、伝統も、文化も違う国々を開拓している。欧州を拠点とする世界最大の小売店、ブヘラでの23年からの取り扱いは、トップ小売りの一角に食い込んだという意味で大きかった。会社やブティックがある分、フランスでの認知度は高まっている。一方、ドイツでは課題もある。まずはフランスとドイツ、イタリアなど、ヨーロッパの中でも大きな国への浸透を図りたい。すでに国内と国外の売り上げ比率は半々だが、時計市場全体を考えれば、将来的には海外での売り上げが7、8割になってもおかしくない。そのために生産キャパシティーの増強を続け、若い技術者も育てている。

WWD:高級時計市場は、踊り場という見立てもある。

内藤社長:コロナ禍、旅行や外食を控えた富裕層の間で、高級時計は資産価値も含めてブームになった。そんなバブルは弾け、中古市場の流通価格も下落し、直近は「グランドセイコー」の成長もスローダウンしている。しかし、それでも高級時計市場は20数年右肩上がり。他の消費財に比べて感性価値が表現しやすく、長く使って世代を超えて受け継ぐSDGs的な価値観も含めて、市場は今後も成長すると考えている。個性を磨くことで、まだまだ小さなシェアをさらに獲得したい。

WWD:国内では、新しい世代の獲得に積極的だ。

内藤社長:例えば並木通りの店舗は、(ハイチェアからソファーまで複数の接客空間を用意するなどの)軽快な装いで、若い世代の獲得に寄与している。若い世代も、時計愛好家と、そこまでではない方に大別できる。ブランド志向が強く、「価値が高い」と思われている海外ブランドを選びがちな後者に向けては、W&Wへの出展や「ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ」への挑戦などを続け、海外で高める評価や認知を日本でも広めていきたい。前者も含めて若い世代には並木通りのほか、春にオープンする表参道ヒルズのブティックなどでのタッチ&トライ、今の時代を生きる人に向けた「アライブ イン タイム」などのブランドメッセージを通し、親しみやすさを実感していただきたい。少しずつ、“おじさん時計”の評価は変わっているように感じている。

WWD:特に若い世代に向けては、どのような時計が必要だと思う?

内藤社長:ノスタルジックな感性が大事だ。過去のレガシーモデルを復刻しながら、「アライブ イン タイム」に代表される現代的な価値観を加え、新しい解釈で進化させることが必要だ。

WWD:特に円安による海外ブランドの値上げが続く中、日本ブランドの「グランドセイコー」にはエントリー商材の開発も期待したい。

内藤社長:海外の高級時計専門店からも、アメリカでは1万ドル(約154万円)、欧州では1万ユーロ(約164万円)を超える価格帯の時計を買える人は限られているから、「グランドセイコー」には、50万~100万円の良い時計を開発・供給してほしいとのリクエストをいただいている。今後も、この価格帯の時計は開発を続けたい。もちろん、独創的な機構が生み出す音色と表情が特徴の、心臓の鼓動を意味する“Kodo”のようなウルトラハイエンドの商材にも需要があり、とても重要。こうした時計も安定して供給・開発できるようにしたい。

この続きを読むには…
残り0⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。