ファッション
特集 ジャパン・ラグジュアリー 第9回 / 全13回

「グランドセイコー」が北米で手応え 職人芸をストーリーテリング、愛好家魅了

有料会員限定記事

ここで登場するのは、日本のモノ作りを携えて海外に挑戦するデザイナーやブランドたち。彼らは愚直なモノ作りだけでは、海外ブランドの牙城を崩せないことを自覚する。日本「以外」の美意識を吸収したり、異なるジャンルのクリエイションを掛け算したりして、他にない価値を追求する。そして海の向こうの人の心を揺さぶるべく、情熱とともにアイデンティティーを発信する。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月15日号からの抜粋です)

WATCH
/
GRAND SEIKO
/
グランドセイコー

スイス製ウオッチが支配的な高級腕時計の世界市場で、セイコーウオッチのトップブランド「グランドセイコー(GRAND SEIKO)」が静かに存在感を高めている。2023年3月期の米国での売上高は、16年と比較して10倍以上に成長。日本ならではの磨きの技術や感性を広め、登竜門とされる北米市場で手応えを掴む。22年からジュネーブで行われる世界最大の時計見本市「ウォッチズ・アンド・ワンダーズ」にも出展し、欧州市場の開拓に弾みをつける。

この続きを読むには…
残り1303⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。