ビューティ
特集 ジャパン・ラグジュアリー 第12回 / 全13回

「コスメデコルテ」の “エイジングケア”“ダイバーシティー対応”が海外で評価 商品コンセプトの磨き込み結実

有料会員限定記事

Jビューティは中国などアジア圏で支持を得ているものの、欧州では現地のプレステージブランドの牙城を崩せていない。欧州ではエイジングケアをはじめ明確な“効果・効能”へのニーズが日本以上に高まっている。資生堂、カネボウ化粧品、コーセーの大手3社は近年、基幹ブランドの看板商品を相次ぎ刷新。グローバル戦略をにらみ、処方や発信するメッセージをエイジングケアやストレスダメージケアに先鋭化して存在感をアピールする。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月15日号からの抜粋です)

BEAUTY
/
DECORTÉ
/
デコルテ
海外売上比率 : 約70%
展開国 : 15の国と地域
1997年に台湾を皮切りに海外展開をスタートし、2012年にイタリア、16年に北米へ進出。10年からインテリアデザイナーのマルセル・ワンダース(Marcel Wanders)がグローバルの店舗デザインを手掛け、空間による世界観の表現に力を入れている

コーセーの「コスメデコルテ(DECORTE)」は、1997年に台湾から海外展開をスタート。アジア以外では、2012年にイタリア、16年に北米に進出した。売上高の約7割が海外。海外市場の動向を意識した商品コンセプトの磨き込みが進んでいる。

この続きを読むには…
残り752⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。