ファッション
特集 ジャパン・ラグジュアリー 第5回 / 全13回

“かわいい”では負けない ハイジュエラーと真っ向勝負挑む「ミオ ハルタカ」

有料会員限定記事

PROFILE: 春高未欧/「ミオ ハルタカ」デザイナー

春高未欧/「ミオ ハルタカ」デザイナー
PROFILE: (はるたか・みお)2011年に自身のブランド「ビジュードエム」を、18年に「ミオ ハルタカ」をスタート。「ミオ ハルタカ」は現在、海外では米国に4店舗、英国、フランス、香港に1店舗。日本では11月、東京・麻布台ヒルズに旗艦店をオープンした PHOTO:SHUHEI SHINE

欧州の伝統と格式あるメゾンが支配するジュエリーの世界で、“かわいい”を武器に、海外で頭角を表しているデザイナーが春高未欧だ。自身の名を冠したブランド「ミオ ハルタカ(MIO HARUTAKA)」では、動物や花などをモチーフにした親しみあふれるジュエリーを提案。仏リッツ パリや米バーグドルフ グッドマン、ドーバー ストリート マーケット ロンドンなど、各国の一流ホテルや百貨店、高感度なショップに販路を広げる。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月15日号からの抜粋です)

JEWELRY
/
MIO HARUTAKA
/
ミオ ハルタカ

ジュエリーデザイナーの母の元に生まれた春高は、20歳の頃にジュエリー制作をはじめ、2011年に初めて自身のブランド「ビジュード エム(BIJOU DE M)」を立ち上げた。比較的値ごろに、デイリーに着用できるコレクションを中心に製作していたが、予想以上の反響を受けて、自身の創作に特化したハイエンドライン「ミオ ハルタカ」をスタートした。価格では70万〜80万円が上限の「ビジュード エム」に対し、「ミオ ハルタカ」は安くとも100万円以上、ダイヤをふんだんに使った1点ものは3000万、4000万円するものもある。

この続きを読むには…
残り858⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。