ニュース

ジョニー・コカが古巣の「ルイ・ヴィトン」へ レザーグッズ・ディレクターに就任

 ジョニー・コカ(Johnny Coca)が6月2日から「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のウェイメンズ・レザーグッズ・ディレクターに就任する。

 コカは、3月に英国ブランド「マルベリー(MULBERRY)」のクリエイティブ・ディレクターを退任したばかり。「ルイ・ヴィトン」ではウィメンズ・アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)のチームの一員として、高級ラインのバッグやショーピースを手掛けるとみられている。

 コカはセビリア生まれのスペイン人。1996~2000年には「ルイ・ヴィトン」のレザーグッズ・デザイナーを務めていた。その後、04年~10年は「バリー(BALLY)」に在籍し、10~15年にフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)が率いた「セリーヌ(CELINE)」でアクセサリーのデザイン・ディレクターとして経験を積んだ。15年に「マルベリー」のクリエイティブ・ディレクターに抜てきされ、5年間ブランドのデザインを手掛けた。

 コカは「ニコラ・ジェスキエールのチームに加わり、ウィメンズ・ハンドバッグの強化に携われるのは光栄だ。情熱を追求したりレザーに対するクラフツマンシップの基礎を学んだ古巣に巡り巡って戻ってくることができた」とコメントしている。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中