ファッション

ジョニー・コカが古巣の「ルイ・ヴィトン」へ レザーグッズ・ディレクターに就任

 ジョニー・コカ(Johnny Coca)が6月2日から「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のウェイメンズ・レザーグッズ・ディレクターに就任する。

 コカは、3月に英国ブランド「マルベリー(MULBERRY)」のクリエイティブ・ディレクターを退任したばかり。「ルイ・ヴィトン」ではウィメンズ・アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)のチームの一員として、高級ラインのバッグやショーピースを手掛けるとみられている。

 コカはセビリア生まれのスペイン人。1996~2000年には「ルイ・ヴィトン」のレザーグッズ・デザイナーを務めていた。その後、04年~10年は「バリー(BALLY)」に在籍し、10~15年にフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)が率いた「セリーヌ(CELINE)」でアクセサリーのデザイン・ディレクターとして経験を積んだ。15年に「マルベリー」のクリエイティブ・ディレクターに抜てきされ、5年間ブランドのデザインを手掛けた。

 コカは「ニコラ・ジェスキエールのチームに加わり、ウィメンズ・ハンドバッグの強化に携われるのは光栄だ。情熱を追求したりレザーに対するクラフツマンシップの基礎を学んだ古巣に巡り巡って戻ってくることができた」とコメントしている。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。