ファッション

「マルベリー」新クリエイティブ・ディレクターは「セリーヌ」のアクセサリー担当から

 「マルベリー(MULBERRY)」が、新たなクリエイティブ・ディレクターにジョニー・コカを指名した。来年7月8日付で就任し、同ブランドの全てのコレクションを担当する。

 「イギリスのトップブランドの一つである『マルベリー』のクリエイションを、新たな方向に導くことをとても楽しみにしている」とコカ次期クリエイティブ・ディレクター。マルベリー社のゴッドフリー・ダヴィス会長兼最高経営責任者(CEO)は、「グローバルなラグジュアリーとファッションに精通している彼は、ブランドに新しいエネルギーと革新をもたらしてくれるだろう」とコメント。

 コカは2010年から「セリーヌ(CELINE)」に在籍しており、レザーグッズやアクセサリー、シューズ、ジュエリーのデザイン・ディレクターを務めていた。それ以前は、「バリー(BALLY)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」でアクセサリーを手掛け、ジュエリーのデザイナーとしても活躍した。

 「マルベリー」は、13年にエマ・ヒル前クリエイティブ・ディレクターが去って以来、後任を探していたという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら