ファッション

ゾゾタウンに「ロエベ」が期間限定店 高級ブランド開拓の試金石

 ラグジュアリーブランドの「ロエベ(LOEWE)」は、ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」に期間限定店をオープンする。5月29日から3カ月間、「パウラズ イビザ コレクション」の9000〜25万4000円の150型を販売する。「ゾゾタウン」を運営するZOZOはこの期間限定店でAIを駆使した予測モデルを活用したマーケティングを本格導入し、ブランドと「ゾゾタウン」の顧客をマッチングする。ZOZOの澤田宏太郎社長CEOは、テクノロジーを活用した高級ブランドの導入を掲げており、「ロエベ」の期間限定店はその試金石になる。

 「ゾゾタウン」はかつて高級ブランドやデザイナーズブランドを集積した「ゾゾヴィラ(ZOZOVILLA)」をオープンしていたものの、2014年11月にクローズしていた。

 スペイン発の高級ブランド「ロエベ」は、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)がクリエイティブ・ディレクターを務め、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ディオール(DIOR)」「ティファニー(TIFFANY & CO.)」「ブルガリ(BVLGARI)」などを抱える世界最大のラグジュアリーコングロマリットであるLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)の傘下のブランド。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。