ファッション

渋谷・宮下公園に「ルイ・ヴィトン」「グッチ」などが出店 三井不動産による6月開業の新商業施設 

有料会員限定記事

 渋谷・宮下公園の再開発によって6月に開業する複合施設「ミヤシタパーク」に、「ルイ・ヴィトン」「グッチ」「バレンシアガ」「プラダ」などのラグジュアリーブランドが出店することが分かった。ミヤシタパークのある明治通り沿いはカジュアルブランドやスポーツブランドが多いエリアで、従来はラグジュアリーブランドの出店先とは見られていなかった。近年のラグジュアリーブランドのストリート化や顧客層の変化によって、出店先の選択肢が広がっている。(この記事はWWDジャパン2020年2月10日号からの抜粋です)

 ミヤシタパークは渋谷区と三井不動産が進める区立宮下公園の再整備事業。山手線と明治通りに挟まれた全長330m、敷地面積1万740平方メートルの空間を公園、スポーツ施設、商業施設、ホテルなどで構成する複合施設に作り変える。三井不動産はこの商業施設の規模やテナントなどの概要を明らかにしていないが、ラグジュアリーブランドの誘致はその目玉になりそうだ。

この続きを読むには…
残り763⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら