ファッション

英「マルベリー」デザイナーのジョニー・コカが退任

 英国ブランド「マルベリー(MULBERRY)」は、クリエイティブ・ディレクターのジョニー・コカ(Johnny Coca)の退任を発表した。コカが手掛ける最後のコレクションは2021年春夏コレクションとなる。ブランドは現在、後任デザイナーを探している。

 コカはセビリア生まれのスペイン人。「バリー(BALLY)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」でアクセサリーデザインを手掛けた後、フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)が率いた「セリーヌ(CELINE)」でアクセサリーのデザイン・ディレクターとして経験を積んだ。15年に「マルベリー」のクリエイティブ・ディレクターに抜てきされ、5年間ブランドのデザインを手掛けた。主力のレザーグッズ以外にオンワードラグジュアリーグループとのライセンス契約によるウエアコレクションやシューズ、アイウエア、ジュエリーなどを発表し、商品幅を拡充した。

 ティエリー・アンドレッタ(Thierry Andretta)=マルベリー最高経営責任者(CEO)はコカについて「クリエイティブな視点で『マルベリー』をラグジュアリー・ライフスタイルブランドとして発展させ、国際的な戦略を実現することができた」と評価。また21年には「マルベリー」が創業50周年を迎えるにあたり、「今後も国際的なラグジュアリーブランドとしての成長戦略にフォーカスしていく。社内の強力なチームで革新的な商品を発信し、D2Cモデルの強化に取り組んでいく」と語っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら