ファッション

キャサリン妃、「ジェニー・パッカム」の白いワンピース姿で半年ぶりに公の場に

英国君主の公式誕生日を祝する記念式典「トゥルーピング・ザ・カラー(Trooping the Colour)」が6月15日にロンドンで開催された。キャサリン皇太子妃(Catherine, Princess of Wales)は、がんと診断され化学療法を受けていることを3月に公表しており、今年初の公務となった。同妃が公の場に登場したのは、2023年12月25日に行われたクリスマス礼拝以来、およそ6カ月ぶり。

キャサリン皇太子妃は、イギリスのドレスブランド「ジェニー・パッカム(JENNY PACKHAM)」による、首元の大きなリボンが印象的な白のワンピースを着用。「フィリップ・トレーシー(PHILIP TREACY)」の帽子と「カサンドラ・ゴード(CASSANDRA GOAD)」のパールのイヤリングを合わせ、「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」の白いパンプスと「マルベリー(MULBERRY)」の黒いクラッチで、エレガントかつ爽やかなスタイルに仕上げた。

式典前日に感謝のメッセージを投稿

「トゥルーピング・ザ・カラー」は、1748年に英国君主の公式誕生日の祝賀式と軍旗分列行進式をひとつにまとめて6月に開催したのが起源だといわれている。今回、キャサリン皇太子妃は久しぶりに公務に参加するにあたり、前日にウィリアム皇太子(William, Prince of Wales)との公式インスタグラムにメッセージを投稿。「ここ数カ月、皆さんから届いた沢山の温かなメッセージやサポート、励ましの言葉に感動し、心からありがたく思っています。つらい時期に、ウィリアムと私にとって本当に大きな支えとなりました」と感謝の思いを述べ、治療が順調に進んでいることや、体調を見ながら徐々に公務に復帰する予定であることなどをつづった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。