ビジネス

マルベリー増収増益 アジア進出と“SEE NOW,BUY NOW”を推進

 マルベリー(MULBERRY)の2017年3月通期決算は売上高が前年比7.8%増の1億6800万ポンド(約235億円)、純利益が同85.8%増の500万ポンド(約7億円)の増収増益だった。

 顧客満足度向上、効率化、アジアでのオンラインの売り上げとマーケティング明確化といったさまざまな施策が功を奏した。

 同社はまず16年にクラブ21(Club21)の子会社、シャリース(Challice)との合弁でアジアでの現地法人を設立、香港のショッピングモール、IFCと上海のプラザ 66(Plaza 66)に新店舗をオープンした他、中国と韓国でのECサイトを今夏ローンチする。さらに北京の店舗もより良いロケーションに移転予定だ。

 ティエリー・アンドレッタ(Thierry Andretta)=マルベリー最高経営責任者(CEO)は、「今年度はジョイントベンチャーの設立で非常に調子が良かった。中国でのフィルフィルメント(受注から発送までのオペレーション)は今年度整備する」と説明した。

 また、同ブランドは“SEE NOW,BUY NOW”への移行も積極的だ。2018年春夏コレクションは、9月に内々にバイヤーから受注し、18年2月のロンドン・ファッション・ウイークで披露したあとすぐに販売する。

 「デジタル世代がターゲットだ。ミレニアル世代だけでなく、ショーで見た商品を4、5カ月も待てない人々を取り込みたい。われわれのような手に取りやすい価格帯でラグジュアリーを展開する会社は、特に即時性が求められる」とアンドレッタCEO。

 さらに、18年春にロンドンのリージェント通り、「バーバリー(BURBERRY)」の店舗の向かいに新店舗をオープンする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら