ファッション

オルセン姉妹の「ザ・ロウ」が米国100%出資のジャパン社を設立

 「ザ・ロウ(THE ROW)」はこのほど、米国本社100%出資の子会社ザ・ロウ・ジャパンを設立した。現在、コロネットが手掛ける伊勢丹新宿本店と銀座三越の直営店は2018年3月1日に、卸については18年プレフォールからザ・ロウ・ジャパンに移行する。同社の社長には、クラブ21ジャパン(CLUB 21 JAPAN)で営業統括部長を務めた細江光範が就任した。

 「ザ・ロウ」はアシュリー・オルセン(Ashley Olsen)とメアリー・ケイト・オルセン(Mary-Kate Olsen)の姉妹によって06年にスタートした。ブランド名は、ロンドンのサヴィル・ロウに敬意を込めて付けられている。12年にはアメリカ・ファッションデザイナー協議会(CFDA)から、ウィメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを与えられた。上質な素材使い、ディテールやフィット感を追求したデザインに定評がある。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら