ニュース

ブルース・ウェーバー vs 男性モデルセクハラ訴訟 ウェーバーが一切を否認

 性器をこするよう強要されるなどのセクハラを受けたとして、男性モデルのジェイソン・ボイス(Jason Boyce)が写真家のブルース・ウェーバー(Bruce Weber)らを相手どり、慰謝料などを求めてニューヨーク州最高裁判所に提訴した件について、ウェーバーは12月21日に提出した答弁書の中で一切を否認した。

 ウェーバーは答弁書の中で「無責任な原告(ボイス)とその代理人が開いた中傷的な会見のせいで、証拠もなく立証されていない、誤った内容が世界中に広まってしまった。被告(ウェーバーら)は闘うが、どうやって名誉を回復すればよいのか」と訴えている。

 ボイス側が提出した訴状には、ウェーバーの他に、ボイスが当時所属していた事務所ソウル・アーティスト・マネージメント(SOUL ARTIST MANAGEMENT)、その創業者のジェイソン・カナー(Jason Kanner)およびウェーバーの所属事務所リトル・ベア・インク(LITTLE BEAR INC.)の名前もあるという。

 ウェーバーは、本事案の棄却と、弁護士費用などを含む本訴訟に関連する費用をボイス側に負担させることを求めている。

 ウェーバーおよびボイスのいずれの代理人からもコメントは得られなかった。

 また、ロレアル(L'OREAL)が「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」のメンズフレグランスのキャンペーン広告の撮影をウェーバーに依頼していたことが判明した。広告は1月に公開される予定だったが、公開を見送ったという。ロレアルおよび「ラルフ ローレン」からはコメントを得られなかった。その他にも、12月5~8日に開催された世界最大級の現代アートフェア「アート・バーゼル・マイアミ・ビーチ2017(Art Basel Miami Beach 2017)」の期間中に予定されていたウェーバーのイベントもキャンセルされたことが判明している。