ビジネス

写真家テリー・リチャードソンがブラックリスト入り あの大手出版社やラグジュアリーブランドも不採用を表明

 米大手出版社のハースト(HEARST)と「ウォール・ストリート・ジャーナル(THE WALL STREET JOURNAL)」のラグジュアリー専門誌「WSJマガジン(WSJ MAGAZINE)」は、大物写真家テリー・リチャードソン(Terry Richardson)を今後起用しないことを発表した。

 「WSJマガジン」9月号にはリチャードソンが撮影した写真が使用されており、ハースト傘下の「ハーパース バザー(HARPAR'S BAZAAR)」は長年にわたり同氏を起用している。また、9月に開催された「ハーパース バザー」主催のパーティーでも姿が目撃されている。10月25日に「ヴォーグ(VOUGE)」などを擁する出版社コンデナスト(CONDE NAST)が被写体の人物に対するリチャードソンのセクハラ疑惑を問題視し、今後一切起用しないよう内部通達を行ったことが明るみに出た。ハーストや「WSJマガジン」もこの流れに乗った形だ。

 その他にも、「ブルガリ(BVLGARI)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」「ディーゼル(DIESEL)」も同氏を起用しない立場を明確にしており、コンデナスト社の判断が大きな影響を及ぼしている

 

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら