フォーカス

インスタグラムCEOが語る ワインスタイン・スキャンダルとスナップチャットとメディアの未来

 信じられない話だが、7年前にインスタグラム(INSTAGRAM)はまだ存在していなかった。しかし、今や月間7億のユーザーがインスタグラムに投稿し、企業やブランド、そして個人も画像やメッセージを発信するためのツールとして大いに活用している。

 2012年にフェイスブック(FACEBOOK)に15億ドル(約1680億円)相当でインスタグラムを売却。ケヴィン・シストロム(Kevin Systrom)共同創業者兼最高経営責任者(CEO)が、10月12日にハーストタワーで登壇したトークセッションのハイライトを紹介する。

米映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)のセクハラ問題について:

 何に驚いたって、まだそんなセクハラが横行しているってことだ。とっくの昔の話かと思っていたが、2017年になった今でも問題は未解決だったなんて。しかし、ケイト・ベッキンセイル(Kate Beckinsale)やカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)がどんな扱いを受けたかをシェアすることによって、この問題がまだ存在し、未解決で、さらにひどくなっていることに皆が気づくことができた。彼女たちが投稿にインスタグラムを使ったことにも驚いたが、人々がインスラグラムで人生の一部をシェアしてくれることに誇りと希望を感じている。人とシェアできないと感じることの方が、より望ましくない事態だと思う。

インスタグラムの草創期とスナップチャットの興隆について:

 企業というものは往々にして間違いを起こす。成長していれば「いい感じ」と言うし、企業が成長していて、うまく行っている時に「ダメな感じ」とは言いようがないだろう?でも、もし市場の成長の方がもっと速かったらどうだろう?その企業はシェアを失うよね。スナップチャットが登場した時がまさにそうだった。モバイルからの画像の投稿で我々の業績は絶好調だったが、人々がフィードを遡れない投稿を好むことが分かった。それが、人々が本当に望むものを我々が提供できていないというシグナルだった。我々はシェアの方法を自由に判断できるようにし、インスタグラムから消費者が離反しないよう、問題解決に努めた。同時に両方を実現できることは確実だったしね。

メディアブランドの未来について:

 雑誌も新聞もまだまだ生き伸びるだろうし、ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)=アマゾン(AMAZON)CEOは「ザ・ワシントン・ポスト」紙を存続させるべく大金を投じている。昔からあるメディアが生き残ることは大事だ。しかし同時に、個人がプレイリストをキュレートし、世界中に発信し、多くの人がそれをフォローしている。私が今選択しているのが、そのキュレーションだ。つまり、人々はかつて持ちえなかった、自らの経験をキュレートできるメディアへと引き寄せられている。