ファッション

インスタグラマーに悲報、インスタの仕様変更で画像配置が横4枚に!?

 インスタグラム(INSTAGRAM)といえば、画像が横に3枚並んだ配置に見慣れていることと思います。しかし、その配置が変わるかもしれない、という仰天の噂が浮上しています。すでに海外の複数メディアがこの噂を報じており、実際にツイッターで検索すると、「画像配置が変わっている!」という投稿が数多く見られます。投稿されている画面キャプチャーが本当だとすれば、インスタグラムはテストのために一部ユーザーでABテスト(Aパターン、Bパターンのどちらが良いか検証する方法)で試験導入を始めていることになります。

 インスタグラムはスタート当初から一貫して横3枚の画像配置が定番でした。でもたしかに、これは決まったルールではなく、インスタグラム側のアップデートによって仕様が変更になることもあるはずです。

 多くのインスタグラマーやアパレルブランドにとって、これは悲報でしょう。写真のクオリティーにこだわってフォロワーを増やし、投稿を続けてきた彼らにとって、縦横の画像の並びは非常に重要。3枚1セットでの投稿や、複数枚で1枚の大きな写真を作る技法も一般的になったので、配置が変わればこれらが全て意味をなさなくなってしまいます(むしろ並びが汚くなってしまいます)。

 ABテストはあくまで今後のユーザビリティーを試すための試験なので、ここで大きな成果が得られないようであれば一般機能として実装をしない、ということも多いにあり得ます。とはいえ、ある日急に「画像の並びが変わった!」と慌てないよう、今から画像配置が変わった時のことを考えておくのもいいかもしれません。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら