ビジネス

ゴールドウイン出資で老舗ブランド「ウールリッチ」は生まれ変われるか

 7月にゴールドウイン(GOLDWIN)の持ち分法適用関連会社となった英ウールリッチ インターナショナル(WOOLRICH INTERNATIONAL以下、ウールリッチ)は、新たなアウトドアブランドを2018年秋にスタートする。アンドレア・ケイン(Andrea Cane)「ウールリッチ」クリエイティブ・ディレクターは「ウールをコアの製品として成長してきた『ウールリッチ』に新たな章が書き加えられる。クリエイティブに創造するというビジョンと機能性に関して妥協をしない姿勢によって、高性能ウエアの業界リーダーであり続きてきたゴールドウインに敬意を覚える。新コレクションのスタートは、ゴールドウインの最新テクノロジーの発表と同時期になるはずだ」と話す。

 「ウールリッチ」は、1830年に米ペンシルバニアで創業。アウトドアラインの「ウールリッチ アウトドア(WOOLRICH OUTDOOR)」、コンテンポラリーラインの「ウールリッチ ジョン リッチ&ブラザーズ(WOOLRICH JOHN RICH & BROS.)」、テキスタイルや毛布のコレクションの3ラインがあるが、今後これらのラインを全て「ウールリッチ」の名前で供給し、3つのラインを全てそろえた旗艦店を世界中にオープンしていく。

 すでにミラノに最大規模の旗艦店をオープンしており、2020年までにアメリカ、ヨーロッパ、アジアに5店舗を構える。出店する都市の候補として、ニューヨークはほぼ確実で、その他はボストン、トロント、ロンドン、パリ、東京などが挙がっているという。

 渡辺貴生ゴールドウイン取締役は「米国アウトドア市場​​で長年の経験がある『ウールリッチ』の世界的な拡大に協力できることは光栄だ。新たなアウトドアウエアブランドは、妥協のない機能性をデザイン性とともに新たなスタイルで次世代に提供するブランドになる。最新のテキスタイルテクノロジーをウールリッチの知識と融合させ、ウール生地ベースのクラシックなスポーツウエアを構想している」と語る。ゴールドウインが出資している人工合成クモ糸素材の開発に成功した山形県鶴岡市のベンチャー企業、スパイバー(SPIBER)と共同開発した素材を使用する可能性もあるという。

 また、「ウールリッチ」はラッパーのドレイク(DRAKE)、「シュプリーム(SUPREME)」「ニューバランス(NEW BALANCE)」などとコラボレーションをしてきた。今後こうしたコラボをウィメンズにおいてもスタートする展望もあるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら