ファッション

ゴールドウインが「人工合成クモ糸」のスパイバーに30億円出資

 ゴールドウインは8日、人工合成クモ糸素材の開発に成功した山形県鶴岡市のベンチャー企業、Spiber(スパイバー、関山和秀・社長)に30億円を出資すると発表した。同時にスポーツアパレル分野における独占的使用を含めた事業提携を結んだ。共同で製品開発を進め、実用化を加速させる。

 Spiberの関山社長は慶大生だった2004年に研究を始め、07年に同社を設立。クモの糸のたんぱく質を生み出す遺伝子を抽出し、それに微生物を組み込むことで人工合成クモ糸の新素材「クモノス」を作り出すことに成功した。強靭で伸縮性に優れる「クモノス」は、石油由来の化学繊維とは異なり、原料を枯渇資源に依存しない点でも未来の繊維と称されている。衣料品はもちろん、自動車や飛行機、医療などさまざまな用途での実用化が見込まれている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら