ビジネス

アマゾンが不在時でも“室内”受け取りを可能にする新サービス発表

 米アマゾン(AMAZON)が不在時の“室内”受け取りを可能にする新サービス「アマゾン キー(AMAZON KEY)」を発表した。プライム会員限定で、250ユーロ(約2万8250円)で専用カメラ“Cloud Cam”と取り付け式の電子鍵を購入、設置すればサービスを利用できる。

 ユーザーの不在時、ドライバーは宅配時間や住所、ドライバー情報などを照合することでアマゾンがドアを開錠してくれる。開錠とともに室内に設置した専用カメラで配達の様子を自動撮影するため、ユーザーは自身のスマホで戸外からリアルタイムでその様子を確認することもできる。ドライバーに何らかの暗号キーなどを伝える必要はなく、不正に開錠される恐れはない。

 まずは11月8日にアメリカの37地域でサービスを開始する予定で、今後地域を拡大していく計画だ。同サービスをうまく活用すれば、不在による再配達の必要がなくなり、運送会社の負担が軽減されるものと期待される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。