ビジネス

アマゾンが不在時でも“室内”受け取りを可能にする新サービス発表

 米アマゾン(AMAZON)が不在時の“室内”受け取りを可能にする新サービス「アマゾン キー(AMAZON KEY)」を発表した。プライム会員限定で、250ユーロ(約2万8250円)で専用カメラ“Cloud Cam”と取り付け式の電子鍵を購入、設置すればサービスを利用できる。

 ユーザーの不在時、ドライバーは宅配時間や住所、ドライバー情報などを照合することでアマゾンがドアを開錠してくれる。開錠とともに室内に設置した専用カメラで配達の様子を自動撮影するため、ユーザーは自身のスマホで戸外からリアルタイムでその様子を確認することもできる。ドライバーに何らかの暗号キーなどを伝える必要はなく、不正に開錠される恐れはない。

 まずは11月8日にアメリカの37地域でサービスを開始する予定で、今後地域を拡大していく計画だ。同サービスをうまく活用すれば、不在による再配達の必要がなくなり、運送会社の負担が軽減されるものと期待される。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら