ビジネス

アマゾンが自宅で試着できる「プライム ワードローブ」を開始

 米「アマゾン(AMAZON)」がEC商品を購入前に試着できる新サービス“プライム・ワードローブ(Prime Wardrobe)”をプライム会員向けに試験導入する。ユーザーは商品が自宅に届いてから7日間試着ができる。導入時期や日本国内での展開については不明。

 試着した洋服が気に入らなければ、自宅前に置いておくだけでピックアップしてくれる。気に入った商品はそのまま購入できるが、3〜4着のまとめ買いで10%割引、5着以上で20%割引が適用される。取り扱うブランドも「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」や「アディダス(ADIDAS)」、ファーストリテイリング傘下の「セオリー(THEORY)」と「Jブランド(J BRAND)」など多岐にわたる。

 アメリカでは昨年、スタイリストと人工知能を掛け合わせたスタイリングサービス「スティッチ・フィックス(Stitch Fix)」が売上高7億3000万ドル(約800億円)を記録するなど、ECの枠組みを超えたサービスに注目が集まる。「アマゾン」が“生活に寄り添う試着室”と表現するように、自社が持つ技術を駆使してこの仕組みを大規模で実施する計画だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら