ビジネス
連載 ビジネスリポート

「ミュウミュウ」「プラダ」絶好調 訪日富裕層が急伸した23年下半期の百貨店特選

有料会員限定記事

旅行や外食の代替として、コロナ禍中に急伸した百貨店の特選ブランドや宝飾品といった高額品の売り上げ。 コロナが落ち着き、各ブランドが度重なる値上げを行う中で、国内の中間層ではやや消費の勢いが落ちて“正常化”してきた。 地方百貨店では「客数は前年割れだが、値上げによって売り上げを保っている」といった声が広がっている。 一方で、円安を背景に訪日外国人客は爆増しており、都心や観光立地の百貨店の伸びは引き続き著しい。 米中で景気後退の不安もチラつくが、今後も訪日客増はしばらく続きそうだ。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月26日号会員限定特別付録「ビジネスリポート 2023年下半期」からの抜粋です)

「WWDJAPAN」は2023年下半期(7〜12月)も、全国の百貨店(特選27店、宝飾21店)に高額品の売り上げ伸長率についてアンケート調査や個別取材を行った。特選カテゴリーはコロナ禍中に大幅伸長を続けてきたことで、コロナ禍前と比較すると売り上げが60〜70%増となっているケースが少なくない。新宿や銀座、大阪、京都、福岡といった訪日客の多い立地の百貨店は、23年下半期も前年同期比30〜60%増と大幅に伸ばしているが、地方店では伸び率は10%未満という声も出ている。前年実績を超えており悪くはないが、各ブランドが軒並み値上げをしている影響を差し引くと、買い上げ数は割り込んでいるか、前年トントンということになる。

国内中間層は“値上げ疲れ”

この続きを読むには…
残り2979⽂字, 画像36枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。