ニュース

コロネットが米国3ブランド獲得でコンテンポラリー強化

 コロネットは、ロサンゼルス発「エー・エル・シー(A.L.C)」とニューヨーク発「グレイ ジェイソン ウー(GREY JASON WU)」「デレク ラム テンクロスビー(DEREK LAM 10 CROSBY)」の正規代理店になる。「エー・エル・シー」と「グレイ ジェイソン ウー」は2017年春夏シーズンから、「デレク ラム テンクロスビー」は17-18年秋冬シーズンから扱う。

 「エー・エル・シー」は、デザイナーであるアンドレア・リバーマン(Andrea Liberman)により09年に設立したウィメンズのブランド。リバーマンは元々スタイリストでジェニファー・ロペスやキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモアら数々のハリウッドセレブのスタイリングを手掛けてきた。ニューヨーク出身のリバーマンは、現在はロサンゼルスを拠点に活動しており、それぞれの都市の空気感を兼ね備えたデザインが特徴的で、テイラー・スウィフトやジジ・ハディド、グイネス・パルトローら、現在もさまざまなセレブリティから愛されている。今後、セレクトショップを中心に販売する。主な価格はコート8万9000円、ドレス8万7000円、ブラウス5万円など。

 「グレイ ジェイソン ウー」は「ジェイソン ウー(JASON WU)」の姉妹ブランドで、まだ2シーズン目のブランド。ファーストラインの「ジェイソン ウー」のフェミニニティーを継承しながらも、よりリラックスしたモダンでエレガントなワードローブだ。主な価格はドレス6万2000円、ブラウス5万円、パンツ5万円など。

 「デレク ラム テンクロスビー」は、「デレク ラム」のディフュージョンライン。これまで東レ・ディプロモードがディストリビューションを行っていた。なお、コレクションラインの「デレク ラム」は本国直轄となり、デレク・ラム・インターナショナル社が日本のセールス窓口となる。

 コロネットは、「現在『ザ ロウ (THE ROW)』『ランバン(LANVIN)』などを筆頭に、ラグジュアリーブランドと契約し、ハイクラスな専門店を中心とした販売網での取り引きが中心だが、その販売網を生かしつつ、より競争力のあるマーケットで戦うためにコンテポラリーのブランドを導入した。それを足掛かりに、売り上げの割合をラグジュアリー、コンテンポラリーに片寄なく、バランス良く安定した戦略を目指す」という。

【関連記事】
サン・フレールが「エルマンノ シェルヴィーノ」の独占輸入販売権を取得
伊藤忠商事がハンガリー「エアロン」の独占輸入販売権取得

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら