ファッション

ファストリが「プラステ」を大量閉店 コロナ禍で通勤服打撃、構造改革進める

有料会員限定記事

ファーストリテイリングが国内で展開するウィメンズ・メンズの「プラステ(PLST)」で、構造改革を進めている。“きれいめ通勤服”で主に30代客をつかみ、「ユニクロ(UNIQLO)」「ジーユー(GU)」に続けと成長してきたが、コロナ禍以降赤字が続く。2020年8月末に102あった店舗は23年7月25日時点で81に減らし、8月末に向けさらに22店を閉める。新宿三丁目にあった路面店を、昨秋「ユニクロ」に業態転換したのが象徴的だ。一方で「ユニクロ」旗艦店内への出店を進めており、東京・銀座の「ユニクロ トウキョウ」と4月にオープンした福岡の「ユニクロ 天神」内に出店。それらの店舗では「販売好調」「業績は回復傾向」だと、7月13日の23年8月期第3四半期決算会見に登壇した岡﨑健ファーストリテイリング取締役グループ上席執行役員CFOは説明する。

「プラステ」が「ユニクロ トウキョウ」4階に出店したのは23年3月。そのタイミングに合わせて、ブランドロゴを「ユニクロ」「ジーユー」の四角いロゴも手掛ける佐藤可士和サムライ代表のデザインに変更した。「『ユニクロ』『ジーユー』と相並ぶことを意識したデザイン」(プレスリリースから)とし、これまで以上に“ユニクロファミリー”的な見え方を強めている。

この続きを読むには…
残り789⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。