ビューティ

消費者の化粧意識に変化メイクアップが回復 伊勢丹新宿本店化粧品21年11〜12月商況

有料会員限定記事

 伊勢丹新宿本店本館1〜2階化粧品売り場の11〜12月は、各ブランドのホリデーコレクションが好評で、外出機会の増加に伴いメイクアップの売り上げが拡大した。11月は、リップは前年と同水準で着地したが、アイメイクとベースメイクが動き、メイクアップカテゴリーでは前年実績を超えた。(この記事は「WWDJAPAN」2022年2月28日号付録の定期購読者特典「ビジネスリポート」からの抜粋です。「ビジネスリポート」にはより詳しい情報も掲載しています)

 12月は、さらに来店客数が増え、新客・顧客ともに購買率の増加につながった。アイメイクは最も伸長率が高く、前年同期比2ケタ増推移。さらにベースメイクやリップは、会食などでマスクを外す機会が増えたことも後押しし、ともに売り上げが前年を超える結果となった。

 また、外出ムードの高まりと併せてギフト需要も顕在化。2年連続となる「ロクシタン」のホリデーコレクションのポップアップイベント(12月15〜31日)は、前回比2ケタ増と好調だった。吉田広紀・三越伊勢丹 化粧品グループ 化粧品営業部 新宿化粧品 スーパーバイザーは「今年は、入館客数の大幅増加に伴い、イベント期間中は終日にぎわいを見せた。スヌーピーコラボが好評でギフトニーズが高く、計画を上回る順調な結果だった」と話す。

この続きを読むには…
残り1224⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら