ビューティ

友達同士で「アイシャドウ」を贈り合う!? Z世代の驚くべき「誕プレ習慣」【前編】

有料会員限定記事

 Z世代には、友人の誕生日に「コスメを贈り合う」習慣があるのをご存じだろうか?Z総研が2020年に12~26歳の女性80人を対象に実施したインターネット調査によると、友達へのギフトにコスメを選ぶ人が多数を占め、特に「デパコス」という回答が37.5%にのぼった。30代以上の女性たちと異なるのは、Z世代が選ぶのはアイシャドウやリップといったメイクアップ製品であることだ。大人にとっては少々驚きのこの習慣を通して、Z世代特有の友達観や、デパコスへの意識について考察したい。

誕生日にもらう&贈るギフトNo.1は「コスメ」

 Z世代のリアルなギフト&デパコス事情を知るために、今回はファッション系の大学に通う学生に協力を頂いた。萌さん(21歳・三重県出身)、なみさん(20歳・静岡県出身)、涼さん(24歳・千葉県出身)の3人だ。現在は東京在住だが、高校時代は地方(うち1人は都市圏)で過ごしていた。

 まず友人にコスメを「贈ったことがある」のか聞いてみると、3人とも「ある」とのこと。そして同じく3人とも「もらったこともある」という。コスメを贈り合う習慣は高校生くらいからスタートするらしい。

なみ:誕生日プレゼントは、2~3個のアイテムを贈ることが多く、そのうち1つは必ずコスメです。自分がもらう時も同じですね。

萌:アクセサリーと一緒に、リップをつけたりするよね。

涼:ギフトの場合、あげるのももらうのもほぼデパコスです。新しく買う必要がないくらい、プレゼントでデパコスのメイクアイテムはそろってしまう。

 「買わなくてもいいくらいデパコスが揃う」というコメントには、驚くほかないけれど、一方で素朴な疑問も。デパコスのメイクアップ製品に加え、その他の物も合わせて贈るとなると、それなりの金額になるのでは……? ギフトの予算感はどのくらいなのだろう?

この続きを読むには…
残り2780⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。