ビジネス

オンワードHD22年2月期 国内事業は営業黒字に転換

 オンワードホールディングス(HD)の2022年2月期連結業績は、売上高が前期比8.5%減の1684億円、営業損益が10億円の赤字(前期は201億円の赤字)、純損益が85億円の黒字(同231億円の赤字)だった。近年進めてきたグローバル構造改革(不採算事業・店舗の撤退や欧州事業の整理)の成果で営業赤字幅が大きく改善した。ただ22年1月中旬以降の新型コロナ急拡大で来店数が激減し、10億円の営業黒字予想(21年10月発表)には届かなかった。最終黒字には、固定資産売却益179億円をはじめとした特別利益213億円が寄与した。

 国内事業の営業損益は、前期の123億円の赤字から13億円の黒字に転換した。主力のアパレル事業は12億円の営業赤字だったが、前期(132億円の営業赤字)からは大きく赤字幅を縮めた。構造改革による利益率の改善に加え、ECなどの在庫を店舗に取り寄せて試着・購入できる「クリックアンドトライ」の導入拡大も一定程度寄与した。4月6日時点で278店舗に導入しており、これらの店舗の22年3月度売上高は導入前の前年同月と比較して平均18%程度伸長した。「欲しい商品やブランドが近くの店にない地方のお客さま、展開が少ないサイズをお求めのお客さまなどからのニーズは大きい」と保元道宣社長。ライフスタイル事業は売上高が同8.7%増の379億円、営業利益が189%増の25億円と堅調に伸ばした。

 海外事業は、事業整理により売上高は前期比50.5%減と半減したが、営業損益は14億円の赤字で、前期(67億円の赤字)から改善した。連結EC売上高は前期比6.3%増の431億円。店舗との在庫一元管理システムの稼働により、欠品による販売機会ロスを抑制した。

 23年2月期連結業績は、売上高が前期比微増の1687億円、営業損益が21億円の黒字、純損益が17億円の黒字を予想する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら