ビジネス

オンワードが代官山と芝浦の自社ビルの土地を売却 特別利益120億円計上

 オンワードホールディングス(HD)は26日、東京・代官山の商業施設「カシヤマ ダイカンヤマ(KAHIYAMA DAIKANYAMA)」および同港区芝浦のオフィスビル「オンワードベイパークビルディング」の土地を売却すると発表した。約120億円の売却益を2021年6〜8月期連結業績に特別利益として計上する。新型コロナにより経営環境が悪化する中、保有資産を見直すとともに、デジタル分野やM&A(企業の合併や買収)などに成長投資を振り向ける。

 代官山の「カシヤマ ダイカンヤマ」は、合同会社FO(東京・千代田区)に約70億円で売却し、約40億円の売却益を計上する。飲食とアパレル物販の複合施設として19年4月にオープンしたが、現在はアパレル物販エリアの営業は終了し、展示スペースに転換している。芝浦のオンワードベイパークビルディングは中核子会社オンワード樫山のオフィスとして機能してきた。ヒューリックに約115億円で売却し、約80億円の売却益を計上する。

 オンワードHDはいずれの不動産においても譲渡後に賃貸借契約を結び、現在の機能を維持する。

 同社は今年1月にも芝浦の「オンワード樫山芝浦第2ビル」を78億円で、3月には名古屋駅前の自社ビルを65億円で、渋谷区神南の不動産を13億円でそれぞれ売却するなど、固定資産の整理を相次いで進めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら